So-net無料ブログ作成
検索選択
冠婚葬祭 ブログトップ

生花   田中角栄  人心収攬 [冠婚葬祭]

いま田中角栄ブームとなっている。
元総理大臣の田中角栄氏について、
記憶が薄い人もいると思われるので簡単に述べますよ。
彼の政治能力は一言でいえば、
コンピューター付ブルドーザーと揶揄された。
高等小学校の学歴でしたが大勢の大学卒を押し退けて54歳で総理になった。

その理由は、
並外れた記憶力と人心収攬力にあったといわれる。

記憶力について言えば、
彼の演説では細かい数字が出てくるのが当たり前であったが、
その数字を間違えることはなかった。

また、人心収攬力について言えば、
たとえば関係者に不幸が発生するとお花を届けることがある。


一般の方は生花を届けても、いったん届けるとそれだけで終わる。
彼は一味もふた味も違っていた。
いまのように猛暑の場合、
生花といえども朝はシャンとしていても、
夕方はしおれる場合がある。
彼は、朝生花を届けると夕方には萎れることを見越して、
翌日にはまた新しい生花を届けたという。
この行為は葬儀が終わるまで続いたという・・・・・・。
届けられた遺族は、彼の故人に対する想いが、
ただならぬことに気が付くといった具合である



現在お盆の時期ですが、
生花の通信販売が発達した時代なら容易でしょうが、
これを40年以上前に思い付いた人は
彼以外にはごく少数の人であったでしょう。




総理になるような方は、
学歴を問わずこのような才長けた方がなるのでしょうか?



⇓仏花用生花ととショップはコチラ⇓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
冠婚葬祭 ブログトップ