So-net無料ブログ作成
メガネ 眼鏡 ブログトップ

メガネに関する悩みを解消します [メガネ 眼鏡]



私の体験ですが、メガネフレームが変色したので眼鏡屋さん行ってメガネを新調しました.

その際視力検査をまず行い、視力1.0まで見えるメガネを、
つくることにしようと話が進みました.

しかし1.0のメガネをかけたときの感じは、
よく見えるけどどうも目が痛いのです.

よく見える1.0のレンズを採用するか、
0.8くらいしか見えないけど痛みを伴わないレンズを採用するか、
判断を迫られました.

そこで、下した最終判断は少しよくは見えないけど、
痛みがない0.8のレンズの採用でした.




人間の目は、水晶体というレンズ機能の物体が、
支えられる筋肉に引っ張られたり、緩められたりして、被写体象を網膜に結びます.

水晶体を支える筋肉は、
メガネを変えた瞬間から急に伸びたり縮んだりできないことから痛みが発生します.

もしその辺の筋肉の調整を小刻みにできるメガネがあったらどうでしょうか.

痛みを伴わずの最適のレンズの状態に、筋肉を調整することができます.

これが、自分で度数が小キザミに調節できる下記のメガネです.



画像  最適度数調節可能メガネ

画像




これを使い、現状度数から最適状態度数まで、ある期間使用すれば、
痛みは全くありません.

そして最終的には、最適度数のメガネを着用でき、
ハッピイな状態に移行できます.

⇓痛みなく最適度数のメガネに変える理想メガネはコチラ⇓



47万人が禁煙できた離煙パイプはこちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メガネ 眼鏡 ブログトップ