So-net無料ブログ作成
入浴用具 ブログトップ

ラウンドポリッシャー!   ピカピカバスタブ [入浴用具]




バスタブの掃除をしたことがありますか.
バスタブは、湯垢というか水垢というか、厄介なものが表面に付着しますね.
これを落とすのってどれだけ大変か、やったことがないと分からないでしょう.
バスタブの中ゆえ不自然な姿勢でするので、身体の節々が痛くなります.
私は、山の神様に命じられ時々するのですが、大変な作業です.



先日、ある本で、ホテルのハウスキーパーの苦労話を読む機会がありました.
バスタブについていえば、湯垢はもちろん髪の毛一本残らないように気配りするそうです.
髪の毛一本でも残すと、検査マンにお小言を受けるとか・・・.



もし、このラウンドポリッシャーがあれば、簡単に、楽な姿勢で電動で作業をし、
湯垢はもちろん綺麗に落とすでしょう.
このポリッシャーはバッテリー付ですので、コードを引っ張る必要はありません.
また、必要に応じ、角部のポリッシにはコーナーブラッシュ、抗菌部には抗菌ブラッシュを使い分け、
万全な作業ができます.



応用としてはバスタブに限らず、類似品は車でも、洗面台でもなんでもできますよ.



最後に改善点もありますよ.
これは充電時間が8時間に対し、使用時間はわずか20分.
機能が優れているものなので、今後これを改善してほしいです.
これが治れば、☆5つですが、このため☆は4つです.

⇓綺麗好きの山の神に仕えるにはラウンドポリッシャーは必需品⇓

⇒個人情報の漏れ防止対策はこれで安心!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「セラミック足湯」は春になっても必要かの考察 [入浴用具]


寒い時ならいざ知らず、春になり暖かくなって脚温器って必要なんですか.

そういう声が聞こえてくるようです.

しかし、真夏の最中でさえ、足やふくらはぎの部位は、いつも足湯に浸かりたいくらいなのです・・・・・・.

人体は心臓から離れるにつれ、血液の流れが悪くなります.

血液循環を良くしようと思えば、末端の部位こそ温めて、血液も暖かくなり、対流による現象で、
血液が心臓に効率よく運ばれていきます.




足湯を使う効果として、一般に次のことが知られています.

1. 足や脚の血液循環が悪いと余分な水分が足や脚に溜まり、むくみを引き起こすと言われています.
足湯にゆっくり浸るならそのような足などのむくみをしっかりと解消することができるでしょう.

2.肝臓という臓器は身体の温度を一定に保つための熱源です.そのためいつも発熱しています.
筋肉も身体に熱エネルギーを供給していますが、ほとんどの熱源は肝臓です.

3.足の裏には色々なツボが集中していますので、身体が疲労しているなと感じる時に足湯を行なうと、
身体の疲れに対応するツボが温められ、老廃物を排出してくれます.そうすることにより、
身体の疲労を回復が可能となります.

4.自律神経に変調を来たすと、頭痛やめまい、動悸、倦怠感、息切れ、疲労感などに悩まされます.
その原因はほとんどがストレスによるものだと言われています.
足湯はそのような症状を改善し、自律神経を整える機能があると言われています.

⇓お湯のいらない脚温器はコチラ⇓

⇒個人情報の漏れ防止対策はこれで安心!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

バスタブシート   フレンドリィスキン構造!!   [入浴用具]


 

介護のためのバスタブシートが、たくさん販売されていますよ.

ところが、介護される方がホントに喜ぶ、喜んで座りたくなるシートで安全なものは少ないようです.

喜んで座りたくなるというのは、できるだけ人間の肌に近い素材で作られることが重要.

例えば、プラスチックのようなフレンドリィスキンな素材で作られていることが大事です.

金属パイプで作られているものもありますが、集中力がかかりお尻が痛いし、冬などは冷たく逃げ出したくなりますね.

トイレの暖房付便座を思い出していただければ、分かりますね.

冬など助かりますね.そこまで行かなくてもプラスチックであることが、最低限必要ですね.

ご自分が介護される場に身を置くとよくわかります.



次に安心・安全性です.

座った時寄りかかれる、背もたれがないのは、どうしても不安に感じますね.

背もたれがあると、安心して担がれたり、湯船につかることができますね.

このバスタブシートは、ドイツの安全認証合格のGSマークがついています.

これからも、安全・安心なバスタブシートであることが分かります.

⇓安心しておススメできるバスタブシートはコチラ⇓

⇒メンズシェーバーはこちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
入浴用具 ブログトップ