So-net無料ブログ作成

たまごボーロ 初固形食  前歯だけの乳児 [お菓子]


子ども達が大好きなたまごポーロ。


母親のおっぱいから、次のステップとして
初めて食べる固形食ではないかしら。


前歯だけでもなんとか食べられるのが、
たまごポーロかな!


たまごぽーろ図.JPG


たまごポーロをなぜ子供達はどうして好きなんでしょう?
なぜニッコリ笑うのでしょうか。
子供は正直ですから、
美味しいものは美味しいという感情が素直に出るためと思われます。



それには乳幼児時代からの思い出があるのでしょう。
赤ん坊は誰でも、最初は母乳または粉ミルクを飲んで育ちます。
最初は胃腸などの消化器官が未成熟であるために、
固形物は食べられず、流動食からスタートします。



成長度合いにもよりますが、
半年とかくらいから少しずつ固形物が取れるようになります。
その最初も固形物がたまごポーロであったりします。
固形物といいつつも最初はおかゆ状のたまごボーロであったりします。
下記の画像のように。



420赤ん坊.jpg



その郷愁が大きくなっても忘れられないのでしょう。



ハーフバースデイや一歳の誕生日プレゼントなどにはもってこいのモノ。
私も甥子の一歳の誕生祝に贈りましたら大変喜ばれました。
そしてついたあだ名がたまごポーロおじさんとか!


小さい子供は一般に目が見えるようになると、
動くものに大変興味を持ちます。
このたまごポーロはにくい演出をして、
ジープやセダンや消防車などに乗って、
お家に届きます。

消防車.JPG


たまごポーロの美味しい味はいまも変わりません。
赤ちゃんにも安心して食べさせられます。


それで、たまごポーロと自動車とで、
二度びっくりする仕組みになっています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0